マッサージ店で身の上話 ベトナムの風潮変化に気付く ホーチミン旅行記vol.13

カフェでしばらく休憩して、元気も復活してきたので、またグエンフェ通りをブラブラしてみました。
まだ暑いのは暑いですが、昼間みたいな太陽が出ていないだけ、少しは気温も下がって歩きやすくなってました。
このグエンフェ通りは18時以降は歩行者天国になります。

ホーチミン像はライトアップされて、観光客が写真を撮るのに必死。私も待ち構えてチャンスを狙いました。

脇には人口池。ゴミ等は投げ入れられてなくキレイにされているようでした。

歩きながら、よさげなマッサージ店があれば行ってみたいなと思っていたら、ちょうどタイミングよく勧誘されました。
待ち時間もないってことでしたので、入ってみることに。

お店は、絵画屋さんの奥にあるので、外で勧誘してくれてないとわからない場所にありました。
階段を上ったら、マッサージ店です。

外で私に声をかけてきてくれたお姉さんが、そのままマッサージをしてくれました。
最初、椅子に座って靴を脱いでと言われたのでその通りにしたら、次に靴下をそのお姉さんが脱がせようとしてくれるのでビックリしてお断りしました(笑)
靴下ぐらい自分で脱げるって!
男性ならそれで喜ぶかもしれないけど、私は一応女子ですし(^^)

足マッサージをしてくれてる間、お互いカタコトの英語で身の上話をして楽しかったです。
若くて可愛い彼女は、私よりも年下でシングルマザー。
しかもまだ子供は1歳にもなっていなく、普段は彼女のご両親が子供の面倒をみているそうです。
元夫は仕事もせずだらしなかったので、子供が生まれてすぐに離婚したとか。
いやあ、しっかりしてるなー。

少し前たまたまテレビで見たのですが、ベトナム戦争で多くの男性が亡くなったので、戦争後は男性を大切にする風潮がうまれたそうです。なので女性が一生懸命に働いて男性は遊んでいてもお咎めはどこからも受けないというのがベトナムではまかり通っているそうです。

ですが、今回の彼女の話を聞いていると、働かない男性はダメという世界に変わってきた。
ということは、戦争の名残もなくなってきているのかなという印象を受けました。
ビルもいっぱい出来てきて、地下鉄も建設中だし、これからのベトナムはますます発展していくのでしょうね。

・・・とマッサージから話がそれました。
で、一応、マッサージはしてくれるのですが、話に夢中になって手が疎かになるので、終わってから、あースッキリしたとはなりませんでした(笑)
でも楽しかったからよかったです(*^▽^*)

マッサージ店で1時間ぐらい過ごしたので、そろそろ行くところもなくなってホテルに戻ることにしました。

途中、バイクの上で寝ているおじさん発見。
そんなとこで寝ないで家に帰ったらええのに。
それにしても、器用に寝ますよね(笑)

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク