上海でSIMカードを使うなら日本でChina UnicomのSIMカードを買うのがベスト

スポンサーリンク

上海に行ったときに、日本で買っておいたChina UnicomのSIMカードを使いました。

とても便利でしたので、ご紹介します。

舞

便利の一言につきるな♪

中国のインターネット事情

中国のインターネット事情はとても厳しいことで有名です。
Wikipediaにも中国のネット検閲というページが設けられてあるぐらいです。

とにかくGoogleが使えないので、日本で生活している感覚でネットを使うとほんとに困ります。

今ってちょっと知りたいことがあったら、すぐにネットで調べ物をしますもんね。

下記の画像は、スマホをホテルのWi-Fiにつないで、このブログを撮影したものです。
舞のまいまいな旅行記のタイトル下は、普通ならここにはGoogleの広告が表示されるのですが、ポッカリ空白になってるのがおわかりいただけると思います。
これは表示速度が遅いためではなく、Googleに関するものは全て遮断されるからです。

上海でSIMカードを使うなら日本で買うのがベストな理由

香港経由の通信網を使ってネット接続できる

上海でSIMカードを使うなら日本で買うのがベストな理由は、香港経由の通信網を使ってネット接続できるSIMカードを買うことができるからです。

どういうことかといいますと、さきほども紹介しましたように中国では、ネット規制がとても厳しいです。

ですが、中国なんだけど特別行政区となっている香港は、ネット規制はとくにありません。
このネット規制がない香港の通信網を経由して、上海でネットに接続するのです。

スポンサーリンク

SIMカードの説明書が日本語

次に、上海でSIMカードを使うなら日本で買うのがベストな理由は、SIMカードをセッティングするときの説明書が日本語であるということ。

この記事の最初にある画像をご覧いただいたら、パッケージに書かれてあるのは日本語です。
それだけで安心感が高まりますね。

ズバリ! 上海でSIMカードを使うならChina UnicomのSIMカード

さきほども紹介しましたが、上海では香港経由の通信網を使ってネット接続するわけですが、そうなると実際にSIMカードを調達する際は「上海 SIMカード」と検索する場合がほとんどだと思います。

ネットで検索すると幾つかヒットしますが、どれにしたらいいのかわからないと悩まれる方も多いでしょう。

そこで、私が2018年5月に上海へ行った際に使用して、とても便利だったのでお勧めしたいSIMカードはズバリChina UnicomのSIMカードです。

China Unicomとは

中国聯合通信有限公司(ちゅうごくれんごうつうしんゆうげんこうし)、中国聯通(ちゅうごくれんつう)、チャイナ・ユニコム(英文社名 : China Unicom)は中国の通信事業者。1994年中国政府によって設立された。香港証券取引所とニューヨーク証券取引所に上場している。現地人には一般的に「聯通(れんとん)」と呼ばれている。
2002年からCDMAの携帯電話サービスを開始した(現在は、中国電信が譲受し撤退)。中国移動通信、ボーダフォンにつぐ世界3位の携帯電話キャリアになった。

Wikipediaより

上記のように世界3位の携帯電話キャリアを誇る巨大企業です。

このような立派な企業が販売してるSIMカードですから、とても安心(*^▽^*)

China UnicomのSIMカード 外観

China UnicomのSIMカードの外観は、こんな感じ。
下記は、トップ画像にも使用している物と同じです。
中国の衣装を着たキャラクターが可愛い♪


裏面には、「新品」の文字と、利用規約があります。

利用規約を日本語の部分のみ書き出しますと下記の通り。

本カードでは中国および香港において4Gネットワークのモバイルデータ通信サービス(7日間2GBのデータ容量)のみをご利用いただけます。チャージの詳細、利用規約や細則については、スペースの関係上、ウェブサイトをご覧ください。リチャージ用のデータ容量の追加購入の方法については、内側の説明をご覧ください。後日のリチャージおよび照会用に、SIMカード本体を大切に保管しておいてください。

外のビニール袋から中身を取り出しますと、androidとiPhone用の説明書きが日本語であります。

私はandroidですが、空港で入国審査に並んでいる時、暇つぶしがてらこの説明書きの通りにセッティングしたら、すぐにつながりました!
全く難しいことはありませんでした。

リチャージは、オンラインのみカード決済で可能なようです。

実際のSIMカードはこんな感じです。
標準、マイクロ、ナノの3サイズに対応してました。
私はナノサイズですが、手で簡単にサイズ変更できました☆

China UnicomのSIMカード 気になる値段等のスペック

China UnicomのSIMカードの

  • 値段:ネットで大体1,000円から1,500円の間で販売されていることが多いようです。
  • 容量:2GB
  • 無料通話:なし
  • 通信速度:サクサク動きました。常に4Gで何のストレスもありませんでした。

China UnicomのSIMカード まとめ

中国のネット規制をかいくぐってくれて、1,000円強で買えるChina UnicomのSIMカード。

私はとてもお得に感じました。

旅行中も日本国内と同じように、インスタもアップできるし、何よりGoogleが使えて調べ物ができるというのは、ひとり旅をしてる者としてはとても有難かったです。

容量も2GBあれば充分でした。

無料通話がないのは少し残念ですが、LINE電話を使えば何とかなりましたよ(^^)

中国へ行かれる際はぜひ購入をお勧めします。

舞

買うても損はせーへんで(^^)

応援してもらえると泣いて喜びます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント