旅行費用のつくり方~何にでも応用できる貯金の仕方~

スポンサーリンク

旅行するには、当然お金が必要です。
飛行機代、ホテル代、お小遣い、空港までの交通費etc

もっとも、旅行だけでなく、何をするのにもお金はついてまわります。

ここでは、限られたお給料の中から捻出できる、旅行費用のつくり方をご紹介します。
当サイトは旅行中心のものですので、『旅行費用のつくり方』という表現をしてますが、別に旅行だけにとどまらずその他何にでも利用できる所謂『貯金の仕方』になります。

今からご説明する内容は、さくらさんの「スライド貯金」を参考にさせていただき、私なりのアレンジを加えたものです。

舞

さくらさんのサイトは ⇓⇓⇓⇓⇓ 見てな~
約に立つ内容ばかりで、しかもめちゃ可愛いで(*^▽^*)

さくらスタイル
夢を叶えるお金の貯め方&シンプルライフ

貯金の仕方 「スライド貯金」とは

さくらさんの「スライド貯金」という方法。
一体、どういうことでしょうか?

スライド貯金」の記事を引用させていただきますと、

「スライド貯金」とは、1ヶ月分のお給料で、毎月「数日分だけ」余分にやりくりして貯金する方法です。

ということになります。

多くの方は、お給料が出たら、お小遣い(さくらさんのブログでは変動費と表現)を用意して、お給料日から次のお給料日まで、そのお小遣いでやりくりをされてると思います。

私もそうしてます。

ただ、そこにちょっとだけ工夫を加えるのが「スライド貯金」になります。

スポンサーリンク

貯金の仕方 「スライド貯金」 具体例

具体的な「スライド貯金」のやり方ですが、さくらさんのブログでは、『5週間スライド』、『3日間スライド』、そして『日数を決めないスライド』を紹介されています。

これらの中で私に出来そうなのを考えて、『5週間スライド』に少しだけアレンジを加えてみました。
このアレンジも、さくらさんのブログにヒントは書かれてありました(*^-^*)

具体的なやり方は簡単で、1ヵ月を35日と考えて、お小遣いを使っていくのです。

ただ、頭の中で『35日』でお小遣いを使う、とわかってはいても、ややこしい。
それに、私はお給料日が毎月25日。
できれば、25日からスタートしたい。

ということで、私は自分用にカレンダーを作ることにしたのです。

エクセルを用意して、25日はじまりで、5週間で1ヵ月になるように作ってみました。

でも、これで終わりではありません。
やらなければならないことが2つ。

  • 大型連休やイベントがある月は、出費が嵩むため、少な目に日数設定をし、どこかで穴埋めをする
  • 最後は7/22で終わってるので、残り2日分をどこかで調整

上記2項目を微調整したのが、下記のようになります。
カレンダーが凸凹になってるのがおわかりいただけると思います。
この凸凹が微調整の部分になります。

このサイクルの場合、お正月休みとゴールデンウィークがあります。
なので、12月分と3月分は日数を少な目に設定。
少なくした分は、前後を増やして調整します。

2月は28日までしかないので、元々の日数が少ないのと、特に大きな予定が入ってないのでこの月に増やす。
また、4月は年初ということで、バタバタ仕事が忙しくお小遣いを使う日もそんなになさそう、なのでここも増やす。

このカレンダーを文字にしますと、下記のようになります。

  • 12月分のお給料→12/25~1/26 33日間
  • 1月分のお給料→1/27~3/4  37日間
  • 2月分のお給料→3/5~4/11  38日間
  • 3月分のお給料→4/12~5/13  32日間
  • 4月分のお給料→5/14~6/18  36日間
  • 5月分のお給料→6/19~7/24  36日間

ということで、6月分のお給料(お小遣い)が余ってくるので、旅行費用をつくる(貯金)ことができるのです。

貯金の仕方 「スライド貯金」 まとめ

貯金は何でもそうだと思うのですが、頑張らなければ!とカチカチになってもしんどいだけです。

うまく目標達成できてるときはいいのですが、ちょっとでも予定が狂ってしまうと、イヤになって続かなくなるのがほとんどだと思います。

なので、予定が狂っても別にいいや~と気持ちに余裕をもっておくのが大切。

別に「スライド貯金」ができなくても、何の損もありません。
貯金が出来ない(貯金額が減る)だけで、今ある貯金がマイナスになることはないのです。

なので軽い気持ちでやってみましょう。

また、「スライド貯金」は、半年以上かかる場合がほとんどです。

そんなにかかるのは待てないと思わずに、とりあえずとりかかってみませんか?

私も最初は、

舞

半年後かぁ長すぎるやん(-_-)

と思いましたが、半年なんてアッという間です。

何もしなければ、現状維持のままなのですよ(^_-)-☆

 

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました