関空へのリムジンバス 阿倍野橋から利用するには 香港旅行記vol.2

スポンサーリンク

 

香港へは、関空発10時20分のフライトでした。
私は関空へは、だいたい阿倍野橋にあるマリオットホテル前から出ているバスで行くことにしています。
この日は、6時30分発のバスに乗ることにしました。
6時30分発に間に合うようにギリギリに行って、途中の地下鉄で何かあっても困るし、大丈夫だとは思いますが、出遅れたことによってバスが満員で乗れなかったら大変なので、余裕を見て6時ぐらいに阿倍野橋に着くように自宅を出発。
12月の5時台は、朝でも夜中みたいに真っ暗で、寒いのもありますが、心細いので自然と早歩きになってました。

バス乗り場には、予想通り誰も待っておられる方はおられず、私が一番乗りでした。
まずはチケットを買いに行きます。

こちらの自動発券機で購入。各国対応になってますね。
料金は1,200円です。

時刻表はこんな感じです。
以前は第1ターミナルだけでしたが、今は第2ターミナルも行くようになってるんですね。

乗車券は当日限りです。





チケット売り場は、このようにベンチがあってバスが来るのを待つことができます。
ただ、ここからは関空行きの乗り場が見えないので、ちょくちょく様子を見に行かないといけなくて、落ち着いてられません。
でも、暖房がついてるので、寒い外でじっと待ってるよりはいいですね。
あと、ここにはトイレがありません。
すりガラスになっているところは、事務所っぽかったので、緊急事態のときは貸してくださるかもしれませんが。

6時10分過ぎぐらいに、バス乗り場のところに、案内係のおじさんがやってこられました。
慌てて、チケット売り場の部屋から出て、おじさんのところに行ってスーツケースを預け、ぼーっと立ってたら、おじさんが「まだ待合所にいてもいいよ、ここに来るのは10分前ぐらいでいいよ」と言ってくださいました。
有難くその言葉に甘えさせていただき、再び待合所の中へ。
そのときに、おじさんにトイレのことをお聞きしたら、バスにはないので、今ならマリオットホテルのを使って、とのこと。
なるほどそういう手があるのね~と納得です。

言われた通り10分ぐらい前にバス乗り場に行って、しばらくしたらバスがやってきたので、寒い中で待ってたのは合計でも5分にもなりませんでした。
ちなみに乗車率も30%ぐらいでした(^^)

関空に着く頃には、外も明るくなってました。

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント