ヘルシンキの入国審査はあっけなく終了 フィンランド旅行記vol.3

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港に着いたら、案内に従って入国審査に向かいます。少しややこしかったので乗り継ぎと間違えないように注意してください。空港内の案内は日本語もありましたので「出口」を探していげば大丈夫です。

スポンサーリンク

ヘルシンキ名物(!)の入国審査

あれこれと質問が多いとの事前情報でしたので、戦々恐々でしたがほとんどスルー状態。顔パスといってもいいぐらいでした(笑)
パスポートを出すついでに、私がオタオタしてたら係員の目にeチケットが止まったようで、「e-ticket」と言われて渡しておしまい。
1分もかからなかったと思います。でも、3列あって私は真ん中でしたが、両隣りの方たちは色々質問されて、私より先に審査を受けておられたのに私が先に終わりました。
ラッキーでしたけど、何でこのような差があるのかとても不思議です。
私の場合はたまたまだったと思いますので、やはりヘルシンキ入国時はしっかりと事前準備はされておくに越したことはないです。
そんなこんなで審査を終え、荷物を受け取って空港の外に出たときは、嬉しくてバンザイしたくなりました。

日本とヘルシンキの時差はマイナス6時間(このときはサマータイム。通常はマイナス7時間)ですので、到着したとき日本では夜の9時ぐらい。でもヘルシンキは昼の3時ぐらいでしたので、何だか変な気分でした。
ただ、飛行機が離陸する前から、時計をヘルシンキ時間に合わせて脳が錯覚しなくていいように対策をしていたので、眠くなる気配はありませんでした。この方法、時差ボケ対策にお勧めです。
まあ到着した嬉しさでハイテンションだったというのもありますけど・・・・

空港からホテルのある市内までは、フィン・エアー・シティバスを利用しました。
到着階にあるスタバ横の出口から外に出て、少し歩くと10番乗り場が見えてきますので、そこからバスに乗ります。
bus

スーツケースはバスの横にお姉さんが立っていて「station?」と聞きながら積み込んでくれました。チケットはバスの中で運転手さんから購入できます。片道でも買えますが、往復の方が少し割引があってお得。
でも、このチケットが物を買ったときみたいな薄いレシート状なのでなくさないように注意してください。間違えて捨ててしまいそうになります。
往復割引をしてもらって11.5ユーロでした。「return ticket」で通じます。
各種クレジットカードが使えます。ヘルシンキでは大体のお店でクレジットカードが使えますので、現金は少なめでも大丈夫ですよ。その方が両替でかかる手数料よりもレートが得です。
ヨーロッパに来れたんだ~と感動してたら、ほどなくしてバスは発車。車窓から見えるヨーロッパの街がとても目に眩しくうつりました。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする