エバー航空で行くホーチミン 台湾で1泊トランジット ホーチミン旅行記vol.2

予定通り3連休前日の金曜日午後休みをもらって、関空に向かいました。
3連休前だから混雑しているのかと思いきや、意外にもすいていて拍子抜け。
ドラッグストアに行きたかったので、ついでに国内線フロアを見てみたら、そちらは少し混んでいる印象でした。
1万円分だけ台湾ドルに両替しておき、さっさと出国しました。
少し免税店をブラブラし、搭乗ゲート付近までやってくると、日本に遊びに来られていた台湾人がいっぱい。
皆さんお土産をいっぱい持っておられました。
私が乗る飛行機はどんなだろ~と思って窓の外を見るとスタアラ塗装でした。
いつ見てもキリッとして格好いい(*^▽^*)

機内は満席。通路側に座っている私を挟んで、両サイドに台湾人家族が座ってらっしゃったので、私を飛び越えてたまに会話されるので、どうしたものかとオドオドしました(笑)
でも、私の真隣に座っていた男性は、私のスーツケースを棚に入れてくれて、もちろん降りる時も出してくださるし、とても優しくいい方でした。

機内食は相変わらずの残念なお味。どうしてパンは中途半端な薄いカレー味なんでしょう(・・?
ほとんど食べれませんでした。

台湾までのフライトは短いので、ホーチミンでどこに行こうかと計画を練り直したりしているうちに気付けば到着していました。
今年に入って2回目の台湾入国です。

スポンサーリンク

ホテルのお迎えと出会えない!?

空港からはいつもバスで市内まで移動していましたが、今回は台北市内ではなく、空港近くのホテルを予約したことと、いくら日付が変わっていないとはいえ夜ですので、タクシー利用は避けたかったので、ホテルにお迎えをお願いしておきました。
ホテルズドットコムで予約をした原鶴ホテルというところですが、事前のメールは日本語でくださるし、実際にフロントにいた方も日本語が通じてとても安心しました。
台北ナビでも紹介されていて日本人利用も多いそうです。実際に私が行ったときも一人の日本人男性がフロントで手続きをされていました。
朝早かったので朝食はいただいてませんが、日本人用に朝食も用意されているそうですよ。

で、ホテルからのメールでは、到着ロビーに私の名前を書いて運転手が待ってくださっている、とのことでした。
何人かの出待ちをしている人が名前を書いた紙を持って立っておられたので、その中の一人一人をくまなくチェックしたけど、私の名前がないんです。

もしかして忘れられたのか、イヤだけどタクシーで行くしかないかな、でも車だから何かの交通事情で遅れているだけかもしれないetc

色々考えてウロウロしていたら、ふと頭上に大きな電工掲示板が見えました。
そこには飛行機の到着時間が書かれてあるのですが、私が乗ってきた飛行機は予定よりも20分ほど早く到着していたのでした。
私が早すぎたのか、と気づきしばらくしてから、もう一度出待ちエリアに行ってみると無事に私の名前を見つけることができて一安心しました。
優しそうな運転手さんが来てくださっていました(^^)

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする