香港のソーホー(SOHO)はフォトジェニックスポット 香港旅行記vol.17

香港にある世界一長いことで有名なヒルサイド・エスカレーターの近くに、ソーホー(SOHO)と呼ばれるお洒落なエリアがあるので行ってきたのでご紹介します。

インスタで有名な画も撮ってきました。

さすが、インターナショナルな香港。
お洒落なお店も多く、それでいて昔ながらの香港の景色も楽しめるエリアになってました。

この記事は前回からの続きになります。

香港へ旅行したとき、ヒルサイド・エスカレーターと呼ばれる世界一長いエスカレーターを見学に行ってきました。香港の中環駅付近からの行き方や雰囲気をご紹介します。
スポンサーリンク

香港のソーホー(SOHO) 場所

Googlemapで見ますと以下のところになります。

香港MTRの中環駅と上環駅の間ぐらいに位置します。

私は香港のヒルサイド・エスカレーターを少し利用してから、ソーホー(SOHO)に行ってみました。

香港のヒルサイド・エスカレーターについては下記をご覧ください。

香港へ旅行したとき、ヒルサイド・エスカレーターと呼ばれる世界一長いエスカレーターを見学に行ってきました。香港の中環駅付近からの行き方や雰囲気をご紹介します。

香港のソーホー(SOHO)にあるインスタで有名な壁の画

香港のソーホー(SOHO)にインスタ映えすると有名な壁の画があるので行ってみました。
地図を見てたら、付近は道が複雑で、方向音痴な私は迷うこと100%間違いないので、スマホのGooglemapを頼りに頑張りました。

スマホでGooglemapを見るには、SIMカードがあるととても便利です。

私は香港空港に到着してすぐに「1010」で購入しました。

購入方法等は下記をご覧くださいね(^^)

香港空港の1010でSIMカードを購入しました。親切で英語も話さずにスムーズに購入できました。購入方法等詳しく紹介します。

香港のソーホー(SOHO)にあるインスタで有名な壁の画の場所

Googlemapでは、以下のところになります。

香港のソーホー(SOHO)にあるインスタで有名な壁の画への行き方

香港のソーホー(SOHO)にあるインスタで有名な壁の画への行き方ですが、私は香港にあるヒルサイド・エスカレーターで途中まで行きました。

その続きからの内容になります。

香港にあるヒルサイド・エスカレーターについては下記をご覧ください。

香港へ旅行したとき、ヒルサイド・エスカレーターと呼ばれる世界一長いエスカレーターを見学に行ってきました。香港の中環駅付近からの行き方や雰囲気をご紹介します。

私のようにスマホのGooglemapをお持ちでなくても、この記事をご覧いただいたら行けるように、写真を撮ってきました。
ぜひ参考になさってください!

香港にあるヒルサイド・エスカレーターを途中で降りたら、ミルクティーで有名な蘭芳園があります。

キャラ飲茶でお腹いっぱいでしたので、行きませんでしたが、とても美味しいということなので、次は機会を作って行ってみたいお店の1つです。

キャラ飲茶については下記をご覧ください。

香港の飲茶で可愛いと話題になってる「Yum Cha」に行ってきました。「Yum Cha」尖沙咀店の場所や営業時間等の様子をご紹介します。

それにしても混んでますね。

蘭芳園を左に行くと、少し坂道になってるところになりますので、赤いタクシーと同じように進んで行きます。

右手に堂島ロールが見えるので、前を通り過ぎ真っ直ぐ歩いて行きます。

すると、次は五差路になったところに出てきます。
擺花街(Lyndhurst terrace)という案内と、

嘉咸街(Graham Street)の案内が見えたら、左側にある坂道のところが、

インスタで有名な画のある通りになります。

蘭芳園からは、そんなに遠くはないのですが、道が複雑なので入っていく通りを間違えると遠回りになります。
注意しましょう~

やはり、香港の観光名所化してるだけあって、いつも人がいて写真を撮るのが大変でした。
朝一で来ないと無人の写真を撮るのは難しいでしょうね。

香港のソーホー(SOHO)はアートがいっぱい

それからは、荷李活道(Hollywood Rd)を歩いていきました。
この辺りの壁にもアートがたくさん。

そして、ふとしたところから見る景色は、香港らしさ満載というとてもステキなエリアです。

でも、周囲の景色ばかりに見とれていると、足元は坂道と階段が所々にあるので注意が必要です。

墨絵のようなモノトーンもありました。

これはアートというより、落書きに近い(笑)

途中で、文武廟が左側に見えてきます。

そこを左に曲がると樓梯街(Ladder Street)になり、

割と嫌気がさしてくる階段があります。

でも、頑張って上りました。
さきほどの文武廟を後ろから見ると白くてキレイな建物です。

このレンガ色の建物は中華基督教青年會というそうです。

この建物が見えたら、階段を上るのはやめて、右に曲がります。
ここからは、必列者士街(Tai Ping Shan St)になります。

少し歩きますと、左側にカラフルな建物が見えますが、

これは小学校だそうです。

私の通ってた小学校は普通のコンクリート色をして可愛さなんてなかったので、こんな小学校に通えるなんて羨ましいです。

今度は下りの階段があります。
階段の左側に見えてる水色や緑色をしたのも、さきほどの小学校の一部です。

周辺には、可愛い服屋さんや雑貨さんがありました。
今から思えば、香港旅行の記念に何か買えばよかったです(^^ゞ

そんな中、思いっきり和食のお店発見。
日本語だらけですが、ドル表示が香港にいることを思い出させてくれます。

しばらく進んで、今まで歩いてきた道を振り返ると、ザ・香港という風景が広がってました。

香港にいるんだなぁとしみじみ。

もう少し歩きますと、荷李活道公園があります。

中国っぽい公園でした。
マカオの蘆廉若公園に少し似てる気がします。

次は蘆廉若公園という公園にきました。 三盞燈からは歩いていけます。歩いている途中、周辺のお店を何となく見ていたのですが、衣料品店が多かった...

少しここで休憩させてもらって、香港のソーホー(SOHO)観光の締めくくりとしました。

周辺には他の通りもありますし、カフェや雑貨屋さんなどもあって、もっと観光したかったのですが、今回は時間がなかったので、香港にあるヒルサイド・エスカレーターから始まって、ソーホー(SOHO)の主だった観光名所を、写真撮影しながら、ざっと2時間ぐらいで観光しました。

それでも、充分楽しんで思い出に残る観光になりました。

適度に階段や坂道もあるので、飲茶で食べたカロリーを消費するために、軽い運動がてら香港の観光に取り入れてはいかがでしょうか(^^)

美味しくて可愛い飲茶は下記をご参照ください\(^o^)/

香港の飲茶で可愛いと話題になってる「Yum Cha」に行ってきました。「Yum Cha」尖沙咀店の場所や営業時間等の様子をご紹介します。

★☆最低価格保証☆★

予約後、同じホテルが他サイトで、もっと安ければ返金してくれますよ~


応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

フォローする