香港空港でSIMカードを購入 おすすめは「1010」 すぐに使えて安心・便利 香港旅行記vol.4

スポンサーリンク

香港空港の「1010」でSIMカードを購入しました。すぐに使えてとても安心で便利でしたので、「1010」の場所や買い方等ご紹介します。

香港のSIMカードをおすすめの「1010」で購入

香港のSIMカードを購入するためにおすすめの「1010」というお店に向かいました。

実は海外でSIMカードを使うのは今回が初めてです。
今まで私はオリジナルでガイドブックを作成し、スマホは親に電話するときか、フリーWi-Fiがある環境でしか使いませんでした。

でも、今回は香港のトラムでの移動をメインに考えており、自分がどこにいるのか把握しないと迷子になってしまいそうでした。海外のバス等大体がそうですが、次の駅の案内がないんですよね。香港のトラムも御多分に漏れず案内は全くないとの情報でしたので、初SIMカードを利用することにしました。

もちろんガイドブックも作ってちゃんと活用もしてましたよ(^^)

ガイドブックについてはこちらをご覧ください。

オリジナルガイドブックの作成
旅行が決まったら、オリジナルガイドブックを作ります。 市販されているガイドブックがあるのに何故そんなことをするのか?

香港のトラムの利用方法はこちらをご覧ください。

【安い!!】香港のトラム 乗車料金や路線図、乗り方など詳しく解説 香港旅行記vol.9
香港の観光でトラムを利用して、とても便利でしたので乗車料金や路線図、乗り方など詳しく解説します。 香港のトラムは南側の香港島でしか運行されてません。 南側の香港島を観光されるときは、とても便利なのでぜひご利用ください。 香...

 

香港空港にあるSIMカードを購入できる「1010」とは

「1010」とは香港にある大手通信業者の香港移動通訊有限公司という会社の通信ブランドの一つです。

香港移動通訊有限公司の略称は「CSL」。
その意味は「Create a Simple Life」(簡単な生活を作ろう)が由来になってます。

ホームページはこちら

「1010」は1993年からサービスの提供を開始しています。
日本で一番古い通信会社のNTTドコモは創業1991年。(ちなみにauは2000年、ソフトバンクは1986年)

NTTドコモと2年違いということで、それなりの歴史があるし、大手通信会社が運営してるブランドなので、安心感がありますね。
香港国内に店舗は12店舗あります(空港店を入れて)。

実際に私が香港観光をしてる最中、何回か「1010」の店舗を見かけました。
私が観光をしたのは、街の中心部がほとんどでしたので、もし香港空港でSIMカードを購入することができなくても、観光の途中で購入することは可能だと思います。

ただ、下記でおすすめするSIMカードが在庫としてあるかどうかは不明なので、香港空港で購入しておかれるに越したことはないですね。

コーポレートカラーは黄色のようで、黄色地に黒色文字で1010と書かれてある看板を見ると、阪神タイガースを思い出すので、個人的に親近感がありました(^^)

香港空港にあるSIMカードを購入できる「1010」の場所と営業時間

「1010」はAホールの近くにあります。
香港空港の出口Aから出て、香港エクスプレス乗り場へ行く途中にあります。
下の地図の赤丸で囲った付近。
(地図はANAのホームページからお借りしました)

黄色の看板なのですぐにわかります。

香港空港にある「1010」の営業時間は7時から23時まで。
LCCで朝早くに到着した場合、まだ開いてないかもしれないので、注意が必要です。

香港のSIMカードの購入方法と値段

「1010」の店内は混んでるように見えたので、待つのかなと思いましたが、意外にも店員さんがすぐに対応してくださいました。

ここで大事なこと!
それは英語が話せなくても全く心配は要りません
何故なら、お店にデカデカと香港のSIMカードのポスターが貼ってあるので、指指しだけでOKです。
こちらも「ザ・日本人」の顔してるので、店員さんも慣れたものでした。

私が購入したのは、こちらのタイプです。ほんとは5日間のが欲しかったのですが、品切れと言われて仕方なく。

香港で購入できるSIMカードは幾つか種類があるようですが、香港政府観光局のサイトで紹介されてて安心感があり、これが一番スタンダードのようでしたので、迷ったらこれを購入しておけば間違いはないと思います。

  • 5日間用は88ドル(1,180円ぐらい)、1.5ギガ使用
  • 8日間用は118ドル(1,590円ぐらい)、5ギガ使用←私が購入したタイプ
  • 料金はカード払いOK。
  • 各種SIMサイズに対応。
  • 日本へは無料通話が5分含まれる。

設定は店員さんがすぐにしてくださいますので、出来ればスマホの設定を英語にしておきましょう。
私は、設定をしてもらったら、その場で、ネットにつながることを確認し、さらに日本に電話できるのか不安でしたので、すぐに電話をかけてみました。
コールすると、女性の声で何やらわけのわからないことを言われたので、店員さんに差し出しら、再コールすることに。
しばらく経ったのち、無事に親と会話することが出来て一安心。
私がいきなり日本語でワーワー喋り出したから、店員さんはビックリして笑っておられました(^^)

その他にも香港で使用できるSIMカードは色々と販売されてるようです。
設定をご自分で出来るのなら、日本で購入しておくと時間の節約になりますね(^^)

 

舞

このSIMカード、上海で使ってみたで(*^▽^*)

上海でSIMカードを使うなら日本でChina UnicomのSIMカードを買うのがベスト
上海に行ったときに、日本で買っておいたChina UnicomのSIMカードを使いました。とても便利でしたので、ご紹介します。

 

 

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント