マカオの世界遺産セナド広場は朝早く行くと写真撮り放題 マカオ旅行記vol.7

続いて南灣花園にきました。
ここは、マカオで最初の庭園だそうです。
花壇がキレイに整理されてあって、石畳の道とよく似合っていました。

やっぱりお粥というのは消化がいいんでしょうね、スーパーに行って少し散歩しただけですが、何か食べれそうな雰囲気になってきました。というか、このお店に来たので無理矢理、胃にスペースを作ったという方が正しいかもしれません(笑)

マーガレットカフェナタ
マカオに来て、ここのエッグタルトを食べないなんてありえないです。まだ朝早い時間だったからか並ぶことなくすぐに買えました。外にテーブル席があって、すいていたのでそこでいただくことに。
やっぱり、安定の美味しさ。1個しか買わなかったけど、2個買えばよかったかな。
まあ滞在中に時間があればまた来よう・・・

スポンサーリンク

朝のセナド広場周辺

もしかして、朝早くて人が少ないということは、セナド広場もすいているかもしれないと思って行くことにしました。予想通り、閑散としていましたので、写真撮り放題です。昼間はごった返していますので、写真をメインに考えるなら朝がお勧めです。

周辺にある仁慈堂大楼や民政総署、聖ドミニコ教会といった世界遺産を一通り見学。
女媧廟は世界遺産ではありませんが、恋の神様だということで、一生懸命お祈りをしておきました。
が、今のところご利益はないようです・・・・はぁ

そして、幾つかお土産屋さんで買い物をして、聖ポール天主堂跡までやってきたら、ここは観光客でいっぱいでした。

聖ポール天主堂跡の奥に博物館があるので行ってみることにしました。
地下の左側が博物館になっています。
そんなに広くないので、すぐに見終わります。
こちらは無料でした。

次は、私がマカオで一番好きな場所といっても過言ではない戀愛巷。
このピンクの壁と坂道の雰囲気に何とも魅力を感じます。

さて、戀愛巷を上ったら旧城壁という世界遺産です。
お隣はナーチャ廟。ナーチャとは暴れん坊の男の子だそうです。なんだか名前の響きが可愛いですね。

10時を過ぎたところで、聖ドミニコ教会へ行って内部見学をさせてもらいました。
前に来たときに帽子を被っていたら、脱ぐようにゼスチャーで教えてもらったので、今回は前もって鞄に入れておきました。教会ですもんね、どこかのお宅にお邪魔したときと同じようなマナーで行かないと神様に失礼です。
皆さまも気をつけてくださいね。

次は仁慈堂博物館です。
少し入口がわかりにくいのですが、建物に向かって左側に小路がありますので、そこに面して扉があります。
扉を開けて階段を上ると博物館になっています。
5パタカ必要ですが、展示してあるものはキレイな陶器が多く、ついつい見とれてしまいました。ここには、バルコニーがあって、テーブルとイスも設置されてあったので、少し休憩させてもらいました。
下を見るとセナド広場があって、違った角度からもセナド広場を楽しむことができますよ。それに観光客もあまり来ないようですので静かに過ごせて穴場です。

仁慈堂博物館からセナド広場を撮影

仁慈堂博物館からセナド広場を撮影 by 舞

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする