サンズ・スカイパーク展望台で絶景を楽しむ シンガポール旅行記vol.15

Ya Kun Kaya toastで朝ご飯を食べれて大満足した後は、次の目的であるサンズ・スカイパーク展望台へ移動します。
Ya Kun Kaya toastの前にあったオブジェ。

朝早くてほとんど人がいません。

少し歩くとチャイナタウンになります。
昨日行ったので、もうチャイナタウンは行かないかな。

車も全く走ってません。

Telok Ayer駅にきました。
ホームも全く人がいなくて、ここはちょっと怖かったです。

そして、来たのはBayfront駅。

圧倒的な存在感のルイ・ヴィトン。
何とも変わった形をしています。

アートサイエンス・ミュージアムを下から見上げたところ。
こんなに大きな建物なのに、細い柱数本で持ち上げているんですね。

その下は池のようになっていて、お花が浮いてました。

ベイの向こうには、F1の観客席。

マーライオンは朝から元気です。
そして観光客も。

サンズ・スカイパーク展望台は、朝9:30~営業ですが、まだ時間が早かったので、ショップス・アンド・マリーナ・ベイ・サンズのベンチで少し休憩しました。
ところどころにこういうベンチがあって助かりました。
尤も日中は開いてる場所はほんどありませんでしたが。

スポンサーリンク

サンズ・スカイパーク展望台への行き方

そろそろ時間になったので、サンズ・スカイパーク展望台へ向かいます。
行き方としては、まずマリーナ・ベイ・サンズホテルのタワー3へ行きます。

タワー3を出てすぐ左側にSANDS SKY PARKの看板があります。

すぐ先にガラスの扉があります。

中に入って、エスカレーターを降りたら、もうチケット売り場になっています。

朝早かったから、まだこれだけの列でしたけど、夕方になるとチケットを買うだけで一苦労しそうです。

日本語の案内もちゃんとありました。
大人は23ドル。
私はカードで支払いしました。
シンガポール航空のチケットがある?と聞かれましたので、あれば割引でもあったのでしょうか。

無事にチケットを買えたら、道なりに進みます。
すると、お約束の写真撮影コーナーがあります。
(ブレててすいません)

ゲートをくぐります。

指示されたエレベーターに乗って、56階まで!
いよいよあの絶景が見れると思うとドキドキしました(^^)

でも、56階に着いても、すぐに絶景には出会えません(笑)
とりあえずは、下で撮った写真屋さんがあります。

ようやく外に出れますよ~

キャー(≧∇≦)

昨日、見たスーパーツリーがあんなに小さく見える。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの全景が見れます。
ほんとにガーデンズの名前通り緑が豊かです。

シンガポールフライヤーよりも高い。

床はウッドデッキみたいになってます。

日本語で案内もあります。

マーライオンも小さい。

ルイ・ヴィトンも小さい。
さっきは大きくてカメラに収まりきらなかったのに。

高所恐怖症の人にとっては辛いでしょうけど、私は高いところが好きなので、ほんっとに心地いい\(^o^)/

この奥はホテル宿泊者のみ行けるところです。
言わずと知れたあのプールですね。

展望台にはちょっとしたお店もあって、お土産も売ってました。

シンガポールに行く前、ヘイズで空気が汚れている日もあるという情報でしたので、心配してましたが、晴れて空気も澄んでたので、ほんとによかったです。

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ