女ひとりでどこまで出来るか ゆる~くのんびりSFC修行⑤ 早朝の伊丹空港は人だらけ

スポンサーリンク

阿倍野橋始発のバスは満席

心配していた金曜日の有給も無事に取得でき、当日を迎えました。
当初の予定では、伊丹(14:10発)→成田(15:30着)というものでした。
でも、これだと成田で遊べる時間がないな・・・
成田空港は初めて行くので、空港内をブラッとしてみたいし、ANALOUNGEも行ってみたい。
それなら早い便に変えてもらおうと思ったのですが、伊丹から成田へは1日2便しかないんですよね。
これは意外でした。羽田への便はわんさかあるのに。
伊丹-羽田はビジネス路線で需要は多いようですが、伊丹-成田はそうでもないんですね。
で、2便あるうちのもう1便はといいますと、伊丹(7:50発)というこれまたとても早い時間なのです。
とんでもない早起きをして伊丹に向かうか、ギリギリの時間で成田に向かい空港を探索することもできず、何かのアクシデントで成田到着が遅れてシンガポール行きの飛行機に乗り損ねるかもしれないというリスクを天秤にかけて、とんでもない早起きをすることに決めました(笑)

当日は阿倍野橋発6:00の始発バスに乗る予定で、それに合わせて起き5:30過ぎに阿倍野橋に到着しました。
ところが、もう既にバス乗り場には待っておられる方が数名いらっしゃいました。こんなに朝早くから並んでいる人がいるとは驚きです。
時刻表を見ているときに、朝は10分毎にバスがあったので、通勤等で使う方もいらっしゃるでしょうし混むだろうとは思っていましたが。
結局、バスは補助席も利用しての出発となりました。

伊丹空港は人だらけ

そうして伊丹空港に着きますと、どこも劇混み。
人・人・人だらけでした。
とにかく、成田までの便を変えてもらわないといけないので、ANAのカウンターに並びました。
伊丹から成田までなので、てっきり国内線かと思ったら、「これは国際線として買ったチケットなので、国際線乗り継ぎカウンタへー行ってください」とのこと。
ああ、そういえば先月シンガポールに行ったときも、そんなことを言われたような気がすると思い出し、また並び直すものの、とんでもない長さの列でした((+_+))
無事に飛行機に乗れるのか、段々と心配になってきました。
目の前では、ファーストクラスの方はお先にどうぞ、みたいな感じで大量の荷物検査もススっと進んで行かれるし、ほんと焦りました(^^ゞ

ようやく私の番になって、変えてほしいとお願いしたら、「ビジネスクラスをエコノミーとして開放している便なので、ビジネスクラスの席をご利用いただけますよ」とのこと。もちろん追加料金はありません!
わーー(≧∇≦)
早起きしてよかった~~
便を変えてもらえただけで充分なのに、ビジネスクラスに座れるなんて。
これがシンガポール行きだったら、どんなにいいかしら。
ということで、人生初のビジネスクラスを味わったのでした。
あくまでもエコノミークラスという扱いなので、食事等はありませんが、広い席に快適なリクライニング。
早起きして眠いはずなのに、ビジネスクラスを満喫せな~と思っていたら、全く眠くなることなく、成田空港へ到着しました。

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする