ヘルシンキヴァンター空港はとても機能的 フィンランド旅行記vol.28

フィンランドともいよいよお別れ。
空港に向かいます。
テンペリアウキオ教会からトラムに乗り直行でホテルに行って、荷物をピックアップし、すぐさままたトラムに乗って、ヘルシンキ中央駅へ。
地図で見るとこんな感じ。
赤矢印が教会からホテルへ、青矢印がホテルからヘルシンキ中央駅への順路。
ほんと効率の悪いことしてます。map2

ヘルシンキ中央駅にはコインロッカーぐらいはあったんでしょうけど、もしも空いてなかったらイヤだし、手違いで出てこないとか、考え過ぎとは思うんですが、リスク回避のためホテルに預けておくのが一番安心。
それにトラムにも乗りたいですしね。

スポンサーリンク

フィンエアーバスで空港へ

空港へは行きと同じでフィンエアーバスを利用します。
行きのときに往復チケットを買っておいたので、ちゃんと失くしてないか確認。
ヘルシンキ中央駅の隣にバスターミナルがあって、そこから出発します。
乗り場は30番
bus

トランクをバスに預けるときに、ターミナルを聞かれますので、日本発は「ターミナル2」と仰ってください。
バス乗車:12時55分
バス出発:13時00分
空港に到着したら、可愛いクマのオブジェがお出迎え。
空港到着:13時30分
bear

ヘルシンキヴァンター空港では、チェックインやバゲッジドロップが全て自動でできます。
カウンターもありますが、長い列に並ばなくていいのでほんとにスムーズ。

  1. 建物に入ったら、自動チェックイン機があちこちにありますので、空いている機械で「FINNAIR」を選択。
  2. パスポートをスキャン
  3. 画面に従って進んでいくと、日本で予約していた座席が表示され、アッという間にチェックイン完了
  4. ボーディングパスと荷物用タグが出力

私はここで荷物用タグを出力しない方を選んでしまったのですが、通りかかった職員に聞いたら、もう一度同じことをしてと言われてやってみたら、すんなりできました\(^o^)/
ほんと機能的で楽でした。
check-in

フィンランドでの免税手続き

次に免税カウンターに向かいます。
さきほどの自動チェックイン機が並んでいる側とは逆に、エスカレーターがありますので、一つ下の階に行きます。
そこは到着階になっています。
エスカレーターを降りて、右手の方に進み一番端っこに、免税カウンターがあります。
パスポート、ボーディングパス、買った荷物、クレジットカードを用意して、カウンターに提出したら、手続きはあっさり完了。
カウンターの方も少し日本語が話せる方で、慣れておられました。
免税が終わったら、その荷物をスーツケースに入れると身軽になれます(^^)
duty-free

で、またさきほどの順路とは逆に、元の階に戻ります。
自動チェックイン機で出力された荷物用タグをスーツケースに取り付けて、バゲッジドロップに向かいます。
一人の職員さんがいらっしゃいましたので、わからなければ手伝ってくださいますが、私は自力でできました。
というのも機械が日本語対応してくれてるんです。
並んでいる人もいませんでした。
これが終わったのが、13時55分頃。
空港に到着して30分もたっていません(^_-)
baggage-drop

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする