タリン旧市街を歩く⑧ 最古のカフェマイアスモックで休憩 フィンランド旅行記vol.17

スポンサーリンク

台所を覗け

お次は台所を覗けです。
変わった名前ですよね。塔の上から近所の民家の台所を覗き見できることから、見張りの兵士たちがこの名前をつけたということです。
実はここに来るのに迷ってしまい、というか正確には建物は見えるんですが、下からの部分が見えなくて全体像を見れる場所を探すのにまごついてしまいました(;^_^A
だからこの写真を撮れたときは、変に感動してしまいました(笑)kiek-in-de-kok

キレイな芝生やなぁ。ここで寝っ転がりたい・・・lawn

タリン最古のカフェ

いいかげん休憩しないと倒れてしまいそうってことで、少し離れていますがのんびり歩いて絶対に行こうと決めていたマイアスモックというカフェにやってきました。何でもタリンで最古のカフェだそうですよ。maiasmokk

お店の窓ガラス。観覧車ですかね可愛い(^^)maiasmokk

店内は茶系で落ち着いた感じでした。
お客さんは観光客が多かったです。私が行ったときは空席の方が多かったのですが、しばらくしたら結構入ってきて、帰るときにはほとんど満席に近くなっていました。
注文は意外にもセルフでした。最古というので勝手に店員さんが注文を聞きにきてくれると思っていました。
入ってすぐにカウンターとケーキがズラッと並んだショーケースがあり、指差しでケーキを注文。飲み物はお金を払うときにご一緒に、でした。
ケーキが全て美味しそうで迷いましたが、少し変わった感じのこちらにしてみました。
食べてみるとマカロンのようでした。サクサクしてて丁度いい甘さが疲れた体に染みわたりました。美味しかったのですが、一つ難点がナイフで刺していただくとバラバラになってしまうということ(笑)
元気を取り戻し、しばらくぼーっとして次の観光へ繰り出しました。
ここもトイレがキレイだったので、あまりトイレがないタリンですし、行きたくなくても行っておられるといいかも。maiasmokk

あと、カフェの反対側はマジパンの実演販売もありました。
食べるのはマジパンはあまり好きではありませんが、見ているだけだととても可愛くて癒されます。
全部手作りだから細かいところの表現もなされていて、観賞用に買いたくなりました。
でもお菓子だし、いつかは腐ってしまうのだろうと我慢。
marzipan

後で旧市街を抜けて地元のスーパーに行ったのですが、そこでもマジパンがたくさん売られていました。何でこんなにマジパン推しなの??
気になって調べたら、エストニア発祥なんですって!
それで合点がいきました~
行く前に知っていたら、無理にでも食べてみたのになぁ。
応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする