マンゴータンゴはやっぱりおすすめ バンコク旅行記vol.11

タニヤ周辺の最寄り駅サラデーン駅から、BTSに乗ってサヤーム駅までやってきました。
次の目的は、タイといえばマンゴーのマンゴータンゴです。
ここは何があっても絶対に来ようと思ってました。

BTSは全て高架になっていて、外の景色が見れるから、どの辺を走っているのか大体わかるので、駅に着いてからどちらの方面に行ったらいいのか見当がつきやすく便利です。
方向音痴の私でも、何とかなりましたから。
目指すマンゴータンゴは、地図で見てると少し駅から離れてるようでしたので、わかるか不安で、また迷うだろうなと変な確信もあったのですが、難なく辿り着くことができました。

混んでるかなと思ってましたが、それほど大混雑でもなく、7割ぐらいのお客さんで埋まってるようでした。

お店に入ったら、先に注文・会計をするシステムというのは、事前に調べてあったので、入り口付近にあったメニュー表を見て何にするか選んでました。
そちら、お店の人が「Japan?」と聞いてくれて、英語メニューを見せてくれました。

注文・会計が終わったら、お店の人がテキパキと席に案内してくれて、番号札を持ってきてくれました。
番号札はマンゴーの形のようです。可愛いですね(#^^#)

テーブルやイスは無機質で、床はコンクリートのままでした。
なのでイスを引くと、床とこすれる音が少し耳障りでした。
まあ、ずっとその音がしてる訳ではないので、気にするほどでもないのですが。

私の席から撮ったお店の雰囲気はこんな感じ。
オープンキッチンになっていました。
天井からぶら下がってるオブジェも、全てマンゴーの形になっていますね~

さて、少ししたら注文した物が運ばれてきました。
ジャーーーーン!
お店の名前と同じ、看板メニューのマンゴータンゴ(165バーツ)です\(^o^)/
これ、これ、これが食べたかったのです。

ビジュアルから、もう花丸満点ですね!
マンゴープリンの上にたくさんの生クリームと、マンゴーアイス、そしてフルーツのマンゴーをそのまま味わうという、何とも贅沢な一皿です。

早く食べたいけど、食べてなくなってしまうのが勿体ない(笑)
何とも矛盾な気持ちでした。
もちろんお味は、何のマイナスもなく、これまた満点でした。

レジの横には、色々なお土産もあって、これらを見てるだけでも楽しかったです。

またこのマンゴーを食べるために、タイに行きたいと思えるお店でした。

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク