日本語だらけのタニヤ周辺 マダムヘンとタニヤスピリット バンコク旅行記vol.10

ワットポーからの帰り、サパーンタークシン駅のホームから外を眺めていると、中国色の強い建物があったので撮ってみました。
お寺なのか何なのかわかりませんが、興味をそそられます。

その他、市民の方々の日常がわかるような風景も。

次に来たのは、サラデーン駅1番出口直結のタニヤプラザBTSウイングです。

お目当ては、石鹸で有名なマダムヘンです。

店内には色んな石鹸があって目移りします。
主だった石鹸には、パッケージに日本語で説明書きがあるのでわかりやすくていいです。
翌日行ったビッグシーにも、このマダムヘンの石鹸は売られてましたが、ここまでの種類はなかったです。

ばら売りから、まとめ買い用まで様々。

もっと観光客がいらしてて混雑してるかと思ってましたが、意外にも途中からは私だけになって、買い物がしやすかったです。
職場や自分用のお土産を買いました。
買い物できて嬉しいんですが、石鹸って重いのがネックです(”_”)

続いて、やってきたのは、両替のレートがいいことで有名なタニヤスピリット

本当は酒屋さんなのですが、お店の一画で両替商をされてます。

私が行ったときは、先客が10人ほどいらっしゃいました。
日本人もですが、現地の方もチラホラと。

営業時間は9時~21時(月~土)、9時~20時(日)。
ということは、お休みは基本ナシということですね。

受付カウンターで、日本円を差し出すと、順番待ちの番号札を渡されました。

番号札を渡されても、何もすることがなく、ただボーッと待ってるだけでちょっと苦痛でした。
ベンチもなく、他に座って待つ場所もないんですよね・・・。

お店の周囲は日本語の看板だらけでした。

看板だけ見てると、日本にいるのかと錯覚してしまいそうです。

タイには多くの日系企業がありますので、この周辺は夜になると日本人で溢れかえるんでしょうね。
また、長期滞在をしてて日本食が食べたくなっても、ここへ来れば色んな物が食べれるから困ることはなさそうです。

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク