クラウスKホテルの朝食と地下鉄 フィンランド旅行記vol.24

帰国日のこの日は、ホテルで朝食をいただくことにしました。
前の日みたいに朝食が開始されるまで、1時間ぐらい時間があれば、リベンジで食べに行くことも考えたんですが、15分ぐらいしかなかったので、近場をお散歩。
いつもは市内中心部へ行くため、ホテルを出たらすぐに右側方面へ向かっていましたが、趣を変えて左側へ歩いてみました。
ホテル斜め前にバンハ教会があります。
内部は12時から見学可能でしたので、残念ですが外観だけの見学になりました。
白くて周囲の緑とのコントラストがキレイです。church

教会前の広場です。気候がよかったらミニピクニックができそう。
church

お洒落なディスプレイ。
この少し先にいわゆるコンビニがあって、その店先で地元の高校生ぐらいの子たちが4人ほどたむろっていました。見るからに夜遊びをしての延長という感じ。
その中の一人の男子が、じっとこちらを見ていたのでそこから先は進まないようにしました。何か危害を加えられることはなかったでしょうけど、朝早いから他に誰も歩いていないし、ちょっと気味悪かったです。日本でも同じような場面に遭遇することはあると思いますが、ここは海外です。必要以上に気を引き締める必要があると再認識しました。
cloth-shop cloth-shop

そろそろ朝食の時間になったのでホテルに戻りました。
オープンと同時に行ったのですが、もう既に先客が3組ほどいらっしゃいました。
朝食会場に入るのは何のチェックもありませんので、宿泊客以外でも入ろうと思えば入れます。
こういうところも、トラムのチケット同様、人を信じるという精神が流れているのかなと思いました。
入るのもノーチェックですので、席も自由に選べるんですが、ひとりの場合は何か席を確保しておくための物を持って行かないとバイキングで料理を取りに行っている間に席がなくなってしまう可能性があります。私はカーディガンを置いておきました。すいている時はいいけど混雑している時は気を付けられた方がいいと思います。
パンも野菜もチーズもどれも美味しく頂けました。盛り付けが不細工なのはお許しを(^^ゞ
breakfast

朝食後、地下鉄を見に行ってみました。
subway

ホームは広くてキレイです。
subway

路線は1本しかないのでわかりやすいです。
この時は見るだけで終わったんですが、後から一駅だけ乗ってすぐに帰ってきてもよかったかなと思いました。
subway

エスカレーターがやたら長くて、そしてやたらとスピードが速いんです。
下りのときに写真を撮ろうとしましたがなんだか怖くて、上りで撮ってみました。
何であんなに速いのか・・・
escalator

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク