香港は風水の街 2つの銀行パワー 香港旅行記vol.19

スポンサーリンク

香港では、風水が日常に溶け込んでおり、個人だけでなく大企業も風水を意識して、ビルを建てたりします。
中でも香港島の中環駅付近にある香港上海銀行と中国銀行は、風水戦争というものを勃発させ世界中を脅かせたといいます。

今回の旅行では、香港風水パワーのおこぼれをもらおうと目論んで、観光してきました。

香港の風水パワーを感じられる中環駅周辺の場所

上で紹介した香港の風水戦争が勃発した場所は、中環駅付近になります。

Googlemapで見ますと以下のところになります。

この近くには、九龍半島尖沙咀行きのフェリー乗り場があります。

香港のフェリーについては下記をご覧ください。

香港のフェリー 乗り場への行き方や料金(最新版)等について解説 香港旅行記vol.12
香港は湾岸都市であるため、近隣にある諸島や、マカオ、中国本土といった各地にフェリーで行き来することができます。 さらに、香港の北側にある九龍半島と、香港の南側にある香港島もフェリーで行き来できます。 香港MTRも香港の北側と...

香港の風水パワーを感じられる中環駅周辺への行き方

香港の風水パワーを感じられる中環駅周辺へは、香港MTRでもトラムでもどちらでも行くことができますが、トラムの方がこれから紹介する2つの銀行には、より近いです。
でも、香港MTRでも余裕で歩いて行ける距離ですので、どちらか都合いい方を選択なさってください。

中環駅を青丸、2つの銀行を赤丸、トラム乗り場を黒丸で表しますと、以下のようになります。
緑丸は、香港MTRのJ1、J2出口になります。

香港MTRで行く方法

香港MTRで行くなら、最寄り駅は中環駅になります。
出口は、J1、J2が近いです(上の緑丸で囲ったところ)

香港トラムで行く方法

香港トラムでしたら、周辺に乗り場が幾つかありました。
乗り場名は、上図の左と真ん中がBank Street、右がMurray Roadになります。

香港トラムの乗り方は下記をご覧ください。

香港のトラム 乗車料金や路線図、乗り方など詳しく解説 香港旅行記vol.9
香港の観光でトラムを利用して、とても便利でしたので乗車料金や路線図、乗り方など詳しく解説します。 香港のトラムは南側の香港島でしか運行されてません。 南側の香港島を観光されるときは、とても便利なのでぜひご利用ください。 香...

 

 

香港の風水パワーを感じられる2つの銀行

香港上海銀行とは

香港上海銀行(ホンコンシャンハイぎんこう、 The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited、香港上海滙豐銀行有限公司。略称は英語でHSBC、中国語で滙豐銀行[1])はイギリスの金融グループHSBCホールディングス傘下の銀行である。香港に本店を置き、香港ドル発券銀行の一つである。
1991年に香港上海銀行グループの持株会社としてHSBCホールディングスがロンドンで設立された。それに伴い、香港上海銀行は、同グループのアジア太平洋における中核子会社となった。1997年の香港のイギリスから中華人民共和国への返還、移譲に伴う1993年の香港金融管理局成立以前は、香港において中央銀行が行うべき役割も果たしてきた。現在もスタンダード・チャータード銀行、中国銀行 (香港)とともに、香港ドルの発券銀行の1つとして機能している。

Wikipediaより

香港上海銀行の外観

とても大きな建物で全体像を撮影することはできませんでした(^^ゞ

入り口には大きな獅子像があります。
凛々しくて格好いいです(^^)

ピロティ部分には、大きなクリスマスツリーが飾られてありました。

クリスマスツリーは、風水的に大丈夫なんでしょうか?(^^)

このピロティは、建物を貫通する『龍の道』を遮らないように風通しをよくする意味が込められているそうです。

 

中國銀行とは

中国語: 中國銀行(香港)有限公司、英語: Bank of China (Hong Kong) Limited)は、総資産および預金量で香港第2の商業銀行。以前の名称は中国銀行香港分行である。中国銀行の香港法人だった12の系列子会社と2001年に合併し、現在の名称となった。略称は中銀香港、または英文行名からBOCHK。キャッチコピーは「Your Premier Bank」。
母体行である本土の中国銀行とは法的にも別組織であり、2002年には保有株式を放出して香港証券取引所に上場している。ただ、経営では親密な部分も残っており、特に保険や証券業分野では提携関係が深い。CIも本土中銀と同一のものである。

Wikipediaより

中國銀行の外観

こちらは、少し離れて撮影したので、何となくの全体像はおわかりいただけると思います。

建物全体が鋭利な刃物をイメージするようにガラス張りになっており、香港上海銀行に向かって攻撃的な気を発しているとされてるそうです。

中國銀行の方は、建物の下まで行くのに、車の往来が少し怖かったので、やめておきました。
写真が1枚しか撮れなくて残念です。

 

風水を意識して建てられたビルは、日本では見かけない外観をしており、観察するのが楽しかったです。

どちらの銀行も公式に風水の影響を発表していませんが、まことしやかに流れる噂が本当になって企業の業績に影響を及ぼすことは否定できないと思います。

言霊ってあると信じてますので(^^)

香港に行かれたら、風水パワーを受けに行かれてはいかがでしょうか。
何てたってタダですよ♪

 

香港に行きたくなったらまずはホテルを予約。
10泊すると1泊無料になりますよ~
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

  1. にっぱー より:

    はじめまして

    ブログ村から飛んできました。

    私はよく香港に出張で行くのですが、すごくわかりやすく
    お店を紹介しているので、参考にさせてもらいます。

    P.S私も昔学生時代にJGC修行をしたことがあるので、すごく親近感を感じました(^o^)

    • 舞 より:

      にっぱーさん

      訪問いただきありがとうございます(^^♪

      香港いい街ですね。
      出張とはいえ、よく行かれるのは羨ましいです☆
      私の拙いブログですが、少しでもお役に立てましたら嬉しいです。

      SFC修行の記事もご覧いただいたのですね\(^o^)/
      私もJGC修行、いつかはやってみたいと思ってます。

      コメントありがとうございました。