クアラルンプールでGrabタクシーを使ったら安全・便利すぎてビックリした

スポンサーリンク

マレーシアのクアラルンプールで、Grabタクシーを使ってみました。

そしたら、あまりにも安全で便利で良い意味でカルチャーショックでした(^^)

私がひとり旅って楽しいと思える要因の一つに、「危険な目に遭っていない」というのがあります。
夜中に出歩かない、危険と言われる場所には近づかない、声をかけてこられたら警戒して注意する、そしてタクシーはできるだけ使わない。

というようなことを実行して、自分の身は自分で守ってます。
また、ほとんどの女性がこうやって、旅行を満喫されてると思います。

特にタクシーはボッタクリの危険がついてまわります。
しかもボッタクリだけで済まなくて、タクシーという密室を利用してとんでもない身の危険が起きないとも言い切れません。

なので、タクシーは極力使わないようにし、ひとり旅でタクシーを利用したのは、ベトナムのホーチミンで空港と市内を行き来したときだけです。

そのときの様子は下記をご覧ください。

タンソンニャット国際空港からボッタクリにあわないタクシーの乗り方 ホーチミン旅行記vol.7
シャトルバスに乗れなかったので、仕方なくタクシーで市内まで向かうことにしました。 到着ロビーにタクシーチケットを販売しているところもあるそうですが、どんなタクシーをあてがわれるかわからないのでやめておきました。 ベトナムで安全と言わ...

そうやってタクシーを避けてきた私ですが、調べてみるとGrabタクシーはかなり安全な模様。

それなら使ってみようやないの~~~ということで実際に使ってきました。

ここでは、Grabタクシーの使い方などをご紹介していきます。

舞

安全やし便利すぎてビックリしたらあかんで(*^▽^*)

Grabタクシーとは

Grabタクシーとは、会社名はGrab、本社はシンガポールにあります。設立は2012年というからまだ若い会社ですね。

グラブ(英: GrabTaxi Holdings Pte Ltd)は、シンガポールミッドビュー・シティに拠点を置く配車アプリ運営企業である。マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアで自家用車向けGrabCar、オートバイ向けGrabBike、相乗りサービスGrabHitch、配送サービスGrabExpressおよび決済サービスGrabPayを提供している。

Wikipediaより

配車タクシーとしては、Uberも有名ですが、こちらは2018年3月、東南アジアから事業をGrabタクシーに売却しました。
なので、マレーシアのクアラルンプールでは、タクシーアプリといえば、Grabタクシー一択になります。

スポンサーリンク

Grabタクシー 使うのに必要な物

Grabタクシーを使うのには幾つか必要な物があります。

Grabタクシー 使うのに必要な物 スマホ

Grabタクシーを使うには、何はともあれスマホがないと話になりません。

GPSを利用して、今自分が居る位置をドライバーさんに教えて迎えに来てもらい、目的地まで運んでもらいます。

Grabタクシー 使うのに必要な物 インターネット環境

Grabタクシーを使うには、スマホがあるのは大前提ですが、それだけでは通信することができません。

何かしらのインターネット環境が必要になります。

どこかのフリーWi-Fiでもいいですし、ポケットWi-Fiでもいいです。
でも、私の一番のお勧めは現地で使用できるSIMカードを購入することです。

私がSIMカードを購入したときの内容は下記をご覧ください。

クアラルンプール空港でMAXISのSIMカードを購入
マレーシアのクアラルンプールに行ったとき、クアラルンプール空港でSIMカードを買ったのですが、MAXISという会社のHOTLINKというSIMカードがとても便利でしたのでご紹介します。

Grabタクシー 使うのに必要な物 アプリ

最後に、Grabタクシーを使うのに必要な物は、Grabタクシーのアプリです。

Grabタクシーに電話をかける、ホームページから手配するといったような利用方法はできないのです。

アプリは出来れば日本でダウンロードし、必要事項を登録しておきましょう。

Grabタクシー 使うのに必要な物 無言

そして、Grabタクシーを使うのに必要な物は、無言です。

無言?

無言?

無言?

何それ? ですよね(笑)

後の使い方で詳しく説明しますが、アプリを使って予め現在地と到着地を登録しておきますので、普通のタクシーに乗ったときみたいに、どこどこに行きたいとドライバーさんに伝える必要がないのです。

料金も前もってわかるようになっています。

なので、言葉の通じない海外で、ドライバーさんと会話をしなくてもいいのです!!

まあお互い人間ですから、「hello」とか「thank you」ぐらいは言いますが(^^)

Grabタクシー 安全で便利な理由

Grabタクシーが安全で便利だと思える理由は幾つかあります。

  1. Grabタクシーを利用するとき、そのドライバーさんの評価を見ることができます。
    もし評価が悪ければ、そのドライバーさんをやめて、もう一度ドライバーさんを探し直すことができます。
  2. 1.の評価というのは、もちろん乗客がつけます。
    Grabタクシーを降りたら、星マークで評価をつける画面が出できます。
    ここの評価が悪ければ、1.に影響してくるので、ドライバーさんはいい評価が欲しいわけです。
    でないと仕事がなくなりますもんね。
  3. 現在地と目的地が決まり、いいドライバーさんに出会えたら、そこで料金がわかる仕組みになってます。
    なのでボッタクリが起きません!
  4. 支払いは予め登録しておけば、クレジットカードでも大丈夫です。
    お釣りがなくて困らないように、と小銭を用意しておく必要はありません。
  5. Grabタクシーを利用すればするほどポイントがたまる仕組みになっていて、色々お得らしいです。
    私はまだここまで到達してません(^^ゞ

Grabタクシー 使い方

Grabタクシーの具体的な使い方をご説明します。
画像は、全て私が現地でGrabタクシーを利用したときのものなので、少し見ずらいところがありますがご了承ください。

  1. スマホの位置情報機能をONにしておく
  2. Grabタクシーのアプリを立ち上げる
    今、いる自分の場所が自動で表示されます。
    下記画像では、『 KL Sentral Departure Hall』となっています。
  3. この場所以外を希望する場合は、『 KL Sentral Departure Hall』をタップすると、『Enter pick-up point』という表示に変わります。
    画面下に候補が表示されるので、該当のものがあればそれを選択します。
    それでもなければ、『Select location form map』をタップすると、地図が表示されますので地図上で選択することができます。
  4. 同じように、目的地を選択します。
    2.画像の『Where are you going?』をタップします。
    私は近場の移動ばかりでしたので、地図表示にして目的地を設定してました。
    もし、地図表示が難しければダイレクトに目的地の名称を入力することも可能です。
  5. 私は、ペトロナスツインタワーに行きたかったので、地図上で選択しました。
  6. これで現在地と目的地の設定ができました。
  7. 同じ画面下では、車種を選択することができます。

    私が調べたところ車種は4種類あるようでした。
    Grab Car…アルバイトで自分の車を利用、一番安い
    Just Grab…近くにいるタクシー
    Speciality…大型車
    Premium…その名の通り高級車
    といった感じです。
    私はこの中で、いつもGrab Carを使っていました。
    上でも書きましたが、一番安くて親切という情報があったからです。
    これでよければ画面一番下の緑で囲ってある『BOOK』をタップして予約スタートになります。
    その時、Grab Carの横にある『RM12』は料金のこと、『3min』は3分ほど到着するということですので確認しておきましょう。
  8. そうしますと、近くにいるドライバーさんを探す画面に切り替わります。
  9. 見つかりました!
    ドライバーさんの写真、名前、星評価、車のナンバー、車種と詳しくプロフィールがあります。
    ここまでしてくれるととても安心(*^▽^*)

    ここで星評価が低いとか、または目的地を間違ったなんていうときは、下の方にキャンセルボタンがあるので5秒(だったと思います)以内ならキャンセルすることができます。
  10. 画面上では、ドライバーさんが今どこを走っているのか確認することができて、待ってる間に見てたら楽しかったですよ。
    ほんとに車が動いてるんです。真っ直ぐ進んでるかと思えば、急に見当はずれのところに移動したり(笑)
    暇つぶしといっては失礼ですが、暇つぶしになりました(^^)
  11. そして、ドライバーさんが到着したら、写真は撮れなかったのですが、画面に『到着したよ』みたいなメッセージが出てきますので、9.のドライバーさんなのか確認して、乗車します。
    私は毎回「grab taxi?」と確認しながら乗り込んでました。
    ドライバーさんも皆さん、ハンドル付近にスマホを置いてGrabタクシーのアプリを立ち上げておられるのですぐにわかります。
    ただ、他のGrabタクシーが近くにいないとも限らないので、車のナンバーも確認する方がいいと思います(^^)
スポンサーリンク

Grabタクシー 料金

Grabタクシーは、安全で便利と冒頭でもお伝えしましたが、料金もとても安くそれも使い勝手がいいことの要因の一つです。

さきほど使い方の項目で説明しました『KL Sentral Departure Hall』から『ペトロナスツインタワー』までを例にしますと、この場合で12RMです。
12RMといえば、日本円にして約330円です。

地図上でこの2地点がどれだけ離れているか見てみますと、以下のようになります。

実際はこのような少し遠回りのルートは使ってないと思いますが、方向感覚がまるでないので(;^ω^)、はっきりと検証のしようがありません。

ただ、10分ぐらいはかかると思うんですよね。

それが300円と少しで行けてしまうのです。
激安で、ドアツードアだし涼しいし、ほんとに素晴らしいシステム!

もし、お友達と二人だったら、シェアして150円ほどですよ!

Grabタクシー ドライバーさんからキャンセル⁉

Grabタクシーを利用するのに、自分からキャンセルすることはあっても、まさかドライバーさんからキャンセルされることがあるなんて思ってもみませんでした。
スイマセン上から目線です(*’▽’)

予約をしてまだかと待ってましたら、ドライバーさんからキャンセルの連絡が(゜ロ゜)

舞

え、何で? 何があかんの?

これが、初めてGrabタクシーを利用したときだったので、何かの操作方法が間違ってるのかなと思いました。

そしてもう一度チャレンジ。
ところがまたキャンセルされてしまったのです・・・。

舞

もうクアラルンプールでタクシーなんか使えへんわ!

と、半分すねていましたら、たまたま近くにいたタクシーのおじさんが声をかけてきてくれたので、メーターで走ると言うし悪い人でもなさそう、という自分の直感を信じて乗ることにしました。

そして、車で走ってるときに、私のいる場所に来るまでの道が封鎖されてて、通行禁止になっているということがわかりました。

どうやら、この日は土曜日で何かのイベントがあるようでした。

だからGrabタクシーにキャンセルされたのか・・・・と納得。

まあ、滅多なことでドライバーさんからキャンセルされることはないと思いますが、こういう事情もあるようですので、特に休日の道路状況は注意した方がいいかもしれません。

Grabタクシー まとめ

日本で普通に安全なことが、海外では通用しません。
ですが、このGrabタクシーは安全で便利で、今までの考え方が180度変わりました。

特にクアラルンプールのような暑くて車社会のような街では、Grabタクシーを有効に使って体力を消耗しないように観光するのが得策だと思います。

舞

車内は清潔やし、ドライバーさんは皆さん紳士やったで(*^▽^*)

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント