クアラルンプールからピンクモスクへの行き方 電車とタクシーで行くのがお勧め

スポンサーリンク

クアラルンプールに行ったとき、郊外にあるピンクモスクへ行ってきました。
インスタ等で話題になっていて、とても可愛いピンクをしたモスク。
実はピンクが大好きなのです。
写真で見るのとは違い、自分の目で見て話題になるのがわかりました。
ほんとに可愛い色をしてるのです(^^)

ここでは、クアラルンプールからピンクモスクまでの行き方や、内部等詳細についてご紹介します。

舞

インスタ映え間違いないで~~(*^▽^*)

ピンクモスクとは

クアラルンプール郊外にあるピンクモスクとは、正式名称マスジッド・プトラ(マレー語)といいます。

プトラ・モスク(英: Putra Mosque、マレー語: Masjid Putra、マスジッド・プトラ)は、マレーシアプトラジャヤの主要なモスクである。
1997年より当モスクの建設が開始され、2年後の1999年に完成した。 当モスクは、マレーシア首相府および人造湖のプトラジャヤ湖があるペルダナ・プトラ(英語版)の隣に位置している。 当モスクの前には、マレーシア国旗がはためく旗竿と大きなスクエアがある。
ピンク色のドームが特徴のプトラ・モスクは、バラ色がかった花崗岩を使用して建設されており、3つの主要な機能的領域(祈りホール、Sahnまたは中庭)、様々な学習施設および機能ルームから成っている。 当モスクは、一度に15,000人の崇拝者を収容することができる。

Wikipediaより

あの可愛いピンクの正体は、花崗岩という石なんですね。

石にも色々あるのに、花崗岩を選んで可愛いモスクを造ってくれたマレーシアに感謝します(^^)

住所・場所

クアラルンプール郊外にあるピンクモスクの住所と場所は以下の通りです。

住所:Persiaran Persekutuan, Presint 1, 62502 Putrajaya, Wilayah Persekutuan Putrajaya, マレーシア
Googlemapで見ますと以下のところになります。

行き方

クアラルンプール郊外にあるピンクモスクへの行き方ですが、クアラルンプールからタクシーでダイレクトに行くのが一番楽でいいです。
数人で行くならシェアできるので、そんなに出費も多くならないと思います。

ですが、私のようにひとりですと、どうしても割高になってしまうので、タクシーは選択肢からは外れます。

一番安いのはバスですが、海外のバスは何かとややこしい(思い込み激しすぎ?)ので、私は電車で最寄り駅まで行って、そこからはタクシーを利用して行きました。

クアラルンプール郊外にあるピンクモスクの最寄り駅は、Putrajaya&Cyberjaya駅です。

KLIA TransitのKLセントラル駅から、2駅でPutrajaya&Cyberjaya駅に到着です。
電車の料金は14RMで、所要時間は20分ほどでした。

Putrajaya&Cyberjaya駅はこんな感じです。

タクシーの案内がありますので、そちらに進みます。

タクシーの案内に沿って歩いて外に出ると、タクシースタンドがあります。
マレー英語でタクシーを書くと、teksiになるんですね(^^)

タクシーはいっぱい並んでたので、待つことなく乗れました。

タクシースタンドでは、手数料の2RMが必要です。
ピンクモスクの写真を見せただけで、何の問題もなく連れて行ってくれますのでとても楽です。

タクシーの運転手さんは、一時期日本の企業で働いたことがあると仰ってて、面白いおじさんでした。

舞

でも、めちゃ運転荒かったわ ヾ(・・ )

料金は10RMです。
タクシースタンドから乗ってるし、ボッタクリの心配もありません~~

ちなみに、帰りはGrabタクシーを利用したのですが、9RMでした。
手数料は要らないし、安全運転ですし、Grabタクシーの方がやっぱりいいですね☆

Grabタクシーについては下記をご覧ください。

クアラルンプールでGrabタクシーを使ったら安全・便利すぎてビックリした
マレーシアのクアラルンプールで、Grabタクシーを使ってみました。あまりにも安全で便利で良い意味でカルチャーショックでした。ここではGrabタクシーの使い方や料金などについて紹介します。

マナー

モスクはどこでもそうですが、露出の多い服装は禁じられていて、女性は髪も隠す必要があります。ピンクモスクも例外ではなく、観光客用にローブの貸し出しがあります。

で、そのローブを借りるのにこの行列です Σ(゚ロ゚;)

私はタイミング悪く、団体さんと団体さんの間に挟まれてしまったようで、前も後ろもまぁー賑やかでした。

並ぶのはイヤですが、ローブがないと入れないので、仕方なく並びます。
ローブの貸し出しは、同じ物をサッサと渡していくだけなので、行列は長くても時間はそんなにかかりませんでした。

ローブの貸し出しカウンターです。

どれだけ多くのローブが用意されてあるんでしょうね。

多数の方が着用されるローブですが、頻繁に洗濯されるわけではないようです。
私は髪の毛がどうしても気になりましたので、大きめのスカーフで先に髪の毛を覆ってからローブを被りました。

ローブカウンターの横に、お土産屋さんがあったので、そこでヒシャブを調達するのもいいかもしれません。

それと、ローブは重さがあり、着てるとズッシリ重いです。
観光に夢中になって水分補給を忘れないように注意なさってください。

スポンサーリンク

見学時間

クアラルンプール郊外にあるピンクモスクは、見学できる時間が細かく区切られています。

土~木金曜日のみ
OPEN  9:00~12:30
14:00~16:00
17:30~18:00
15:00~16:00
17:30~18:00
CLOSE12:30~14:00
16:00~17:30
  9:00~15:00
16:00~17:30

間違えないように注意しましょう。

内部の様子

ようやくローブを借りて身支度を整え、念願だったピンクモスクを観光します。

わあーキレイで可愛いです\(^o^)/

ドーム内の天井もこの通り、とても美しい。
色もですが、左右対称の模様も美しさを強調してます。

絨毯も可愛いですね(*^-^*)
これほど大きな絨毯を作るのは、さぞかし大変だったでしょう。

パーツ毎に見てもステキですが、全体で見てもとても可愛い。

ここで写真や動画をさんざん撮って満足したら、ピンクモスクの周辺を散策しました。

周辺

ピンクモスクがあるのは、プトラジャヤというマレーシアの行政新首都として開発中の連邦直轄領です。1990年半ばから開発が始まったまだ歴史の浅い地区であり、ピンクモスクの周辺はとても街が整備されており道もキレイです。

周辺の道路もピンクモスクの影響からか、ピンクっぽいのがこれまた可愛い。

あの遠くに見えるのは、首相官邸です。
離れてても大きいので、もっと近寄ったらほんとに大きいんでしょうね。
タマネギ型のドームがあるのが、マレーシアっぽい。

そして、この政府機関とピンクモスクの間には、プトラ・スクエアという大きな広場があります。

プトラ・スクエアからピンクモスクを撮ってみました。

写真を撮って遊んでますけど、ほんっとに暑かったです(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)

だからだと思いますが、整備された道も誰も歩いてませんでした。

フードコート

ピンクモスクの階下には、フードコートがあります。
このエスカレーターを降ります。

エスカレーターを降りたら、子供が遊べるような遊具があったり、

買い物もできるようでした。

そして、さらに階段を下りますとフードコートがあります。

Selera Putraという名前です。

営業時間は平日9時~19時、土日祝は9時~21時まで。

中華からマレー料理、スイーツまで色々とありました。

とりあえずあまりにも暑かったので、チェンドル(7RM)をいただいてみました。

冷え冷えでめちゃくちゃ美味しい~
一気に暑さをクールダウンしてくれます。

余計な添加物が入ってないのか、甘いけれど後味はスッキリしてて、大満足でした\(^o^)/

クルーズ船

フードコートで休憩したら、クルーズ船があるというので行ってみました。

南国の木とピンクモスクです。
この写真、気に行ってます\(^o^)/

少し歩いたら、クルーズ船の乗り場が見えてきました~

え、でもちょっと待って。
視界の隅のそのまた隅に、イヤな物体が見えた気がする・・・・。
考えたくないけど・・・・。
もしかして、もしかして。
あぁきっとそう。
ここはマレーシア。南国だった。
私の嫌いなほんとに嫌いな漢字を見るだけでも目を背けてしまう動物がいたのです。
上画像の左端にカラフルな鳥さんたちがいますが、そのもっと左にガラスケースに入った首に巻いて写真を撮れますよ、みたいな動物。
まさか、その動物を直視できるわけもなく、写真のサンプルを遠目で見て確信したのでした。

ギャーどうしよう(-̩̩̩-̩̩̩-̩̩-̩̩̩_-̩̩̩-̩-̩̩̩-̩̩̩)

クルーズ船も気になるけど、この先に私の嫌いな動物がもっといてたらどうしよう・・・・。
とりあえず先に進んで、もしいてたら一目散に走って逃げてこよ。

と、出来るだけ余計な物を視界に入れないようにし、ようやくクルーズ船の乗り場までやってきました。

こんなに大袈裟に書いてますけど、きっと距離にして3mほど(;^ω^)

何もなかったことに安堵しつつ、クルーズ船の時間とコースを写真に撮って、今から乗れるなら何時かなぁと考えて。

そこでㇵッとしました。
もし、さっきのローブを借りるのに並んでた大量の中国人観光客がそろそろピンクモスクの観光を終えて、ここにやってきたら。
一人や二人は首に巻いて写真を撮ったりするかも。

そう思うと、ここに居るのはヤバい!!! となってクルーズ船に乗ることはできませんでした(涙)

クルーズ船から、ピンクモスクを見るのを楽しみにしてたのですが、残念無念です(( ノД`)

ちなみにクルーズ船の時間とコースはこんな感じだそうです。

まとめ

ピンクモスクは、とても可愛いモスクでした。

クアラルンプール市内から1時間あれば着けますので、行って損はしないと思います。

暑さと見学時間にはご注意なさってください~~

舞

可愛いからいっぱい写真撮っても飽きひんで(*^▽^*)

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

  1. いぬまる より:

    写真を通じて見るだけでもピンクモスク、本当に綺麗!!可愛くてテンションが上がっちゃいました(^^)
    リアルだともっと感動するでしょうね…

    • 舞 より:

      いぬまるさん

      可愛いピンクでしょう(*^▽^*)
      実物はほんとにもっと素敵です。
      もしクアラルンプールに行かれるのならお勧めですよ\(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました