香港のヒルサイド・エスカレーター 場所や中環駅付近からの行き方を解説 香港旅行記vol.16

スポンサーリンク

香港へ旅行したとき、ヒルサイド・エスカレーターと呼ばれる世界一長いエスカレーターを見学に行ってきました。

香港映画の舞台にもなってて、とても有名なようで多くの観光客が訪れてました。皆さん、意味もなくエスカレーターに乗ってるだけ(笑)

私も有名な観光地というだけで行ってみました。

香港の中環駅付近からの行き方や雰囲気をご紹介します。

香港のヒルサイド・エスカレーターとは

現地の言葉では「中環至半山自動扶梯」といい、英語名は「ヒルサイド・エスカレーター」または「ミッドレベル・エスカレーター」といいます。

高低差135m、全長800mを合計23基のエスカレーターで約23分かけて乗り継ぐこの長さは、世界一の長さといわれている。
この施設の建設者および管理者は、香港政府運輸署(日本の国土交通省に当たる)であり、法的には、交通機関という位置づけになっている。
もともとは半山区の住民が、中環へ通勤や買い物をするための利便を図るために作られたエスカレーターである。それゆえ、通常は上り運転(中環から半山区方向)であるが、朝の通勤時間帯のみ、下り運転(半山区から中環方向)に運転される。
しかしながら、映画『恋する惑星』『ポリス・ストーリー/香港国際警察』などの舞台として登場すると、観光名所として脚光を浴びるようになり、このエスカレーターそのものが旅行ガイドに掲載されるようになっただけでなく、中途にやはりソーホーなどの観光資源があることから、観光客の利用が多くなっている。
エスカレーター沿いは、所狭しと商店や住宅が密集し、中国に返還されてからも西洋風の町並みが広がり、独特の景観を見せている。メキシコ風の店、インド料理店、足つぼマッサージの店、レコード店などが軒を連ねている。

Wikipediaより

私は上で登場した『恋する惑星』『ポリス・ストーリー/香港国際警察』等の映画は観てないのですが、確かに現地に行ったら映画の舞台になりそうな感じだなと思いました。

特にアクション映画にはうってつけな感じ。

1993年にこの香港のヒルサイド・エスカレーターは作られたとのことなので、もし香港スターのブルース・リーもご存命だったら、いの一番にここで香港映画を作ってたかもしれませんね(^^)

ブルース・リーの銅像を見に行ったときの記事はこちらをご覧ください。

香港のガーデンオブスターズ(星光花園)にブルースリーの銅像は引越し中 香港旅行記vol.13
香港中心部の尖沙咀にあるガーデンオブスターズ(星光花園)に、香港スターの銅像が飾ってあるというので行ってきました。 本来は、アベニュー・オブ・スターズという海沿いにある遊歩道に、香港スターの銅像は飾ってあるのですが、工事中のた...

香港のヒルサイド・エスカレーターの場所

住所:中環街市至干徳道
Googlemapで見ますと以下のところになります。

香港MTRで行くなら、中環駅または上環駅が最寄になります。
香港トラムで行くなら、Pottinger Street または Jubilee streetが最寄の乗り場になります。

香港トラムの乗り方は下記をご覧ください。

香港のトラム 乗車料金や路線図、乗り方など詳しく解説 香港旅行記vol.9
香港の観光でトラムを利用して、とても便利でしたので乗車料金や路線図、乗り方など詳しく解説します。 香港のトラムは南側の香港島でしか運行されてません。 南側の香港島を観光されるときは、とても便利なのでぜひご利用ください。 香...

香港のヒルサイド・エスカレーターへの行き方 中環駅付近からの場合

香港MTRまたはトラムで、香港のヒルサイド・エスカレーター付近まで来たら、まずは皇后大道中まで向かいます。

この辺は、香港の観光客や地元の方でとても賑わってます。また車の量も多いので注意なさってください。

皇后大道中を香港MTRの上環駅方面へ向かって歩いていきます。

少し歩くと利源東街にきますので、それを越えてまだ歩きます。

次の通りは利源西街になります。

そして、その次は砵典乍街です。

この砵典乍街を過ぎた辺りで前方を見上げますと、高架になっているところが見えますので、そこを目指して行きます。

途中で階段があるので、これを上ります。

そうしますと!
目的のヒルサイドエスカレーターがあります。

香港のヒルサイド・エスカレーター 実際どんな感じ?

画像でもおわかり頂けるように、多くの人がエスカレーターを利用されていますね。
ほとんどが香港の観光客です。

エスカレーターのスピードはいたって普通です。

世界一長いといっても、途中で切れているところもありますよ。
でないと、横にある多くのお店に行けませんもんね。

エスカレーターの途中から見える景色も、興味をそそられるお店が色々あります。

でも、行きたいと思っても、一個前の画像で紹介した途切れてるところからでないとエスカレーターから下りれないので、気をつけてくださいね。

間違っても、アクションスターになったつもりで、飛び降りたらダメですよ(笑)

エスカレーターを2回ぐらい乗り継いだら、下に降りてみましょう。
私が行ったときは、このLUSHを目印にしました。

でないと、上へ上へ行くだけで、帰りは同じ分の階段を下りてこないといけません(^^)

以上が、香港のヒルサイド・エスカレーターの紹介となります。

普通のエスカレーターなんですが、世界一長いということで興味があって行ってみました。
感想としては、“まあ単なるエスカレーター(笑)”
上で紹介した映画を観てから行ってたら、また違った感想があったんでしょうね。

私はこの後、香港のヒルサイド・エスカレーターを下りてから、香港のお洒落エリアとして有名なSOHOへ向かいました。

エスカレーターには乗ってるだけなので、SOHOとセットで香港の観光をされるのがおすすめです。

そのSOHOについては、下記をご覧ください。

香港のソーホー(SOHO)はフォトジェニックスポット 香港旅行記vol.17
香港にある世界一長いことで有名なヒルサイド・エスカレーターの近くに、ソーホー(SOHO)と呼ばれるお洒落なエリアがあるので行ってきたのでご紹介します。 インスタで有名な画も撮ってきました。 さすが、インターナショナルな香...

 

★☆最低価格保証☆★

予約後、同じホテルが他サイトで、もっと安ければ返金してくれますよ~


 

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント