クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」は荘厳で美しい

スポンサーリンク

マレーシアのクアラルンプールへ行くことが決まったときに、真っ先に行ってみたいと思ったのがモスクでした。
今までモスクという名のつくところに行ったことはあったものの、どちらかというとなんちゃってモスク(失礼)でしたので、本格的なモスクをとても楽しみにしていました。

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」は、実際に行ってみたら、ほんとに美しくて荘厳で行ってよかったです。

また、私は無料のGOKLバスで行きましたが、とても遠回りになりましたので、その様子もお伝えします。

舞

めちゃ静かやったで(*^▽^*)

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」とは

マレーシアの保有する13の地方行政区分とイスラム教の五行を象徴した18角形の直線的な水色の金属製の屋根の白を基調とした池の中心に浮かぶような超近代的な礼拝堂には、8000人程度が収容できる。ほかに、72メートルもの尖った白亜のミナレット(尖塔)、マレーシアの歴代指導者の霊廟、イスラム書籍の図書館、会議室などがある。1960年着工、1965年竣工したマレーシア国内最大の大規模なモスク。

Wikipediaより

Wikipediaによりますと、マレーシア国内最大のモスクだそうですが、ほんとに大きかったです。

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」 住所・場所

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」の住所と場所は以下の通りです。

住所:Jalan Perdana, Tasik Perdana, 50480 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
Googlemapで見ますと以下のところになります。

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」 GOKLバスで行くと遠回り

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」への行き方ですが、最寄り駅はマレー鉄道のクアラルンプール駅となります。

ですが、私はこの駅を利用せずに、クアラルンプール市内を巡回しているGOKLバスというのを利用して行ってきました。

このGOKLバスは、無料で利用でき、観光地も通るため観光客にとっても使い勝手のいいバスです。

ほんとはGOKLバスをいっぱい使って、このブログで書こうと思ってたんですが、それよりもGrabタクシーの便利さを知ってしまったので、1回しか利用できず詳しいことはよくわかりません(;^_^A

Grabタクシーの詳細は下記をご覧ください。

クアラルンプールでGrabタクシーを使ったら安全・便利すぎてビックリした
マレーシアのクアラルンプールで、Grabタクシーを使ってみました。あまりにも安全で便利で良い意味でカルチャーショックでした。ここではGrabタクシーの使い方や料金などについて紹介します。

さて、本題のクアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」への具体的な行き方ですが、さきほども書きましたようにGOKLバスで行くと遠回りになります。

私はそんなこと思いもしなかったので、GOKLバスで行ってきました。
その方法をお伝えします(^^)

とりあえず観光の拠点となるKLセントラル駅から出ているGOKLバス乗り場へ行きましょう。
KLセントラル駅にあるバスの案内を見つけて、その通りに進みます。

そしたら、GOKLバスのバス停があります。
人も多くいますし、すぐにわかります。

GOKLバスが来ました!

KLセントラル駅から3つ目のMasjid Negaraで降ります。
私は運転手さんに、マスジッド・ネガラの写真を見せて、ここに着くかと確認しておきました。

着いたバス停はこんな感じです。

少し先に国立モスク「マスジッド・ネガラ」が見えます!
青い特徴のある屋根がそうです。
ワクワクしますね(*^-^*)

敷地内に入ったら、観光客用の入り口はあちらと案内が。

少し歩きますと。時計が見えてきました。
世界の時間を表してるの(・・?
そして、ここが入り口かと思いきや違うのです~~

どうやって遊ぶのかよくわからない遊具があるところを通って。
先にある階段を登ります。
どうやら国立モスク「マスジッド・ネガラ」は、右奥にある四角い白い建物のようです。

四角い白い建物が見えてきました。
うんキレイです(^^)

さらにもう少し進みますと、国立モスクとありました!

靴がいっぱいある~~
そりゃあ、裸足で入らなあかんもんね。
はいはい、脱ぎまーーすっ。

って準備しようとしたら、近くにいた警備の人に「違うよ向こうに行って」みたいなことを言われました(-_-)
ここも観光客用ではないようで・・・。
もう既にクタクタです。

さらにさらに歩いて、やっと観光客用の入り口に到着です。
あぁ遠かった。

GOKLバスを降りてから歩いた道順をよく見てみたのですが、
青丸がGOKLバスを降りた地点、オレンジ丸が幾つか時計があった入り口、赤丸が観光客用の入り口となります。

要するに、GOKLバスだと真逆の入り口から入ることになるのです。

無料なのはいいけれど、目的のモスクに入るまでに疲れるので、あまりお勧めの方法ではありません(^^ゞ

じゃあどうればいいの? なんですが、冒頭でも書きましたようにマレー鉄道のクアラルンプール駅が、ガイドブックでも最寄り駅とあります。
ですが、この駅を利用したとしても、駅の中をまあまあ歩いたり、地下道を通ったりと少し複雑で、しかも地下道の出口が上地図の青丸付近にあるのです。

ということは、私と同じルートを歩くことになります_| ̄|○

やっぱり、ここはgrabタクシーが一番いいのではないかなと思います。

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」 マナー

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」の観光客用の入り口に着いたら、まずは記帳します。
名前や国名といった簡単な項目のみです。

そして、モスクに入るのはどこもそうですが、露出の多い服装は禁止されています。女性は髪の毛も隠さないといけません。

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」も例外はなく、この紫のローブというガウンのようなものを着用します。
着方はわからなければ近くの警備の方が手伝ってくださいます。
私もマゴマゴしてたら手助けしてくださいました(^^ゞ

このローブが重くて暑いので注意しましょう。

多数の方が着用されるローブですが、頻繁に洗濯されるわけではないようです。
私は髪の毛がどうしても気になりましたので、大きめのスカーフで先に髪の毛を覆ってからローブを被りました。

ローブを着用するとこんな感じになります。
私はちびっ子なのでローブの裾が床にスレスレになりました(^^ゞ

スポンサーリンク

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」 見学時間

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」は、見学時間が細かく区切られています。

毎日金曜日のみ
OPEN9:00~12:00
15:00~16:00
17:30~18:30
15:00~16:00
17:30~18:30
CLOSE12:00~15:00
16:00~17:30
9:00~15:00
16:00~17:30

間違えてCLOSEしてる時に行かないように注意しましょう(^^)

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」 内部の様子

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」内部の様子をお伝えします。

ローブを着用したところにある階段を上りますと、白くて広いキレイな空間が広がってました。

何と! Wi-Fiがありましたよ。
使ってないのでどれだけサクサクかはわかりませんけど(^^ゞ

白と青のコントラストが美しい~

お祈りをする部屋です。
皆さん真摯にお祈りをされてました。
邪魔しないように静かにしましょう。

注意書きもありました。
マナーを守って気持ちよく観光したいものですね(^^)

お祈りをする部屋の周囲は、こんな風になっていて、繰り返しになりますが美しかったです。

お祈りをする部屋の入り口付近に、フリーのパンフレットが置いてありました。
世界各国の言葉で書かれており、私も日本語版を頂いてきました。

そしたら、そこにおじさんがいらして、「どこから来たの?」とか色々話かけてこられて、私が「日本の大阪から来た」と言うと「それなら神戸にイスラムモスクがある」と教えてくださいました。
写真も一緒に撮ってくれて気さくないいおじさんに出会えました☆

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」 まとめ

クアラルンプールの国立モスク「マスジッド・ネガラ」は、クアラルンプール市内にあるのに、静かでイスラム教徒ではありませんが、神聖な気持ちになれる特別な空間でした。

熱心にお祈りをされたくなる気持ちもわかるような気がします。

クアラルンプールに行かれたときは、ぜひ足を運んでみてください(^^♪

でも、行き方はご注意なさってくださいね。

舞

私みたいに遠回りしたらあかんで(*^▽^*)

応援してもらえると泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント